京都エージェントトップ画像
株式会社ソウTOP > リピート顧客を増やす方法 > 8.ホームページを改善した方がいいかどうかは何で判断するのか?
 ニュースレターテンプレート
サービス
お問い合わせ
リピート顧客を増やす方法
美容室向け顧客管理ソフト
制作事例
お客様の声
ちょっと息抜き
SEO対策に対する考え方
メルマガ登録
実況中継ブログ
無料テンプレート(雛型)集
サプライズコンシェルジュ
感動会議
会社概要
賢者の場所
 
 
 
 


従来型の印刷会社を使っている場合は、92%以上の確率で費用が安くなります!まずは値段を確認して下さい。
>> 印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

    8.ホームページを改善した方がいいかどうかは何で判断するのか?


1.ホームページ自体を持っていない場合


このサロンはどうすればよいのでしょう?
今までの話の流れからも、
この場合は今すぐ作ることをお勧めします。


何か気になったことをインターネットで調べる行動は定着化してきています。
逆に、ネット上にホームページがないという事は不安要素でしかありません。


例えばこんな例はどうでしょう?


もしあなたが美容機器を探していた時に、ある企業はホームページがあって、
もう一つの企業はホームページがない場合、どちらから買いたいと思いますか?


これが、もっと安いサービスや品物であればまた話は別ですが、
少なくともエステやリラクゼーションなどのサービスは決して安いものではありませんし、
自分の体に関わることですから、
信頼できるかどうか?が重要な指標になってきます。


その時にホームページの存在があるとないとでは大きな違いになってきます。
ホームページがない場合は、早急に作られることをお勧めいたします。


2.ホームページはないけど、ポータルサイトに情報を載せている場合


ポータルサイトにもホームページリンクが付けられています。
ポータルサイト広告も扱っているので内情がわかるのですが、
ある一定の割合でホームページリンクが押されています。


もちろん、もっとお店のことを詳しく知りたいという、
リピーターになる可能性の高いお客さんがそのリンクを押されるわけですが・・・。


3.ホームページは無いけど、ブログをやっているよという場合


ブログは普段のスタッフの日常などを気軽に日記として書くことができる為、
来店促進としても、またリピーターさんがチェックしてもらえる媒体としても
有効であると考えています。


しかし、一方で時系列で記事が増えていくという特性や、
日常のたわいもない会話をつづる事が多いという特性から、
情報を探しにくく、何を伝えたいのか分かりにくくなってしまう側面があります。


ブログ自体の有効性は高いのですが、
オフィシャルのホームページを合わせて持つことでその効果は倍増するはずです。


ブログは来店しようとしている新規顧客の背中をそっと押してあげる意味と、
リピーターさんをよそに浮気させないという意味で
もっとも有効的であると考えています。


4.次に、ホームページあるけど、特に効果がないという場合


ホームページを持っていること自体が逆効果になっている可能性があります。
少なくとも1ヶ月に1件も反応が無い場合、逆効果になっていることを疑いましょう。


なぜなら、先ほども説明した通り、
お店に興味を持った人はほとんど間違いなくお店のホームページを検索します。


見つからなかった・・・そんなこともあるでしょうが、
店名とエリアで検索をかければよっぽどでない限り見つかります。


そうして見つけてくれているにも関わらず、
何の反応もないという事は期待していたお店ではなかったと思われてしまっているのです。


本当に期待している内容と違う場合もあるでしょうが、
多くの場合は上手く伝えられていないだけのことが多いです。


つまり、自分のサロンの魅力を
上手く表現できないため、せっかく検索して見つけてくれたお客さんの心に響かず、
来店に結び付かないという現象が起こっています。


心に響かず・・だとまだ優しい表現ですが、がっかりしたというのが本音だと思います。


フリー画像の綺麗なモデルさんのエステ施術写真をフリーペーパーに掲載して、
ホームページを見に行くと全く印象が違い、またメニューと地図くらいしか載ってない。
これは信頼してくれという方が少し無理があります。


その検索してきたお客さんは、
近所にある他のマッサージ店と何が違うのか?
どんなこだわりがあって、どんなお店の雰囲気なのか?
どんなお客さんが多くいっているのか?


などなど、他サロンと比較して選ぼうとしているのに、
お店の基本情報しか載っていなければ選びようがありません。


そうして、本当にリピーターになってくれそうなお客さんは来店して頂けず、
「お試し周り」「一回こっきり」のお客さんばかりになってしまうわけです。


この場合、とりあえずホームページあるから・・・、
とほっておくのではなく、今すぐリニューアルを検討されるべきです。


さらにホームページには紙媒体には到底できない最大の利点があります。
続いてその利点についてお伝えしていきます。


ホームページは主に新規向け、ブログは既存向け。既存向けの最も強力な媒体とは?

 次へ進む (9.フリーペーパーにはできないインターネットならではの最大の利点とは?)

 お問い合せはこちらをクリック

 

  リピート顧客を増やす方法のメニューへ戻る   

 

Copyright 2010 株式会社ソウ All Rights Reserved.