京都エージェントトップ画像
株式会社ソウTOP > リピート顧客を増やす方法 > 5.現状打破する解決策とは?
 ニュースレターテンプレート
サービス
お問い合わせ
リピート顧客を増やす方法
美容室向け顧客管理ソフト
制作事例
お客様の声
ちょっと息抜き
SEO対策に対する考え方
メルマガ登録
実況中継ブログ
無料テンプレート(雛型)集
サプライズコンシェルジュ
感動会議
会社概要
賢者の場所
 
 
 
 


従来型の印刷会社を使っている場合は、92%以上の確率で費用が安くなります!まずは値段を確認して下さい。
>> 印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

    5.現状打破する解決策とは?


現状を打破する解決策は先ほどもお伝えした通り、
既存顧客を増やすこと。


ではリピート顧客を増やす為にはどうすればいいのか?
大きく2つに分けられます。


1.来店時にリピート顧客になってくれそうなお客さんを選別する事


お試し回りや値引きで来店するお客さんを減らし、
本当にお店の魅力で来店してくれる新規顧客が集まる工夫をする。
(ここでの魅力とは、立地・雰囲気・スタッフの人柄・サロンのコンセプトなどを指します。)

 広告戦略


2.サロンで満足度の高い施術・接客を行う事


当然ですが、また来たいと思うような施術・接客を行い、
リピートしやすい仕組みを作ってあげる工夫をする。
(接客・施術に加えて、ポイントカードやニュースレター等の再来店の工夫など)

 サービス品質


具体的にはどういう事かというと・・・。


最初からリピートしてくれそうなお客さんを探して、
満足の行くサービスをしてあげるという事です。


さて、最初からリピートしてくれそうなお客さんを探すとはどういう事か?
という事について少し補足しておきたいと思います。


あまり好きな例えではありませんが、
お客さんを魚に見立てて、営業を表現されることがあります。


「魚(お客さん)がいない釣り堀ででいくら釣ろうとしても釣れない。」
「いくら腕がいい人であっても(どんなに営業力があっても)釣れない。」


この例だと、需要のない人にどれだけ営業力のある人が何かを売ろうとしても、
売れないですよ、という事を伝える為の例です。


・視力が良い人にコンタクトレンズを売る
・そばアレルギーの人にそばを売る
・運転免許の無い人に車を売る


そりゃムチャな話です。
(もちろん提案の仕方で売る方法もあるとは思いますが、あくまで一般論です。)


では話を戻して、サロンの場合はどうでしょうか?


どんなお客さんでもサービスに満足さえしてくれたら、
リピートしてくれるはず!!


確かに間違いではないですし、
そうであって欲しいと思います。


しかし、無料やお試しが流行るこの時代、
最初から継続して来るつもりが全くないお客さんがいるのも事実です。


・お腹がすいたからデパ地下へ試食めぐりをしてしまう人
・街角でティッシュをごっそり貰い、ティッシュ代を浮かそうとする人
・化粧品の試供品で日々のメイクを乗り切ってしまう人


そして・・・。


・ 割引クーポン雑誌をお得度合いで比較し、今月はどのサロンに行こうかと考えている人。


こういった人がいるところに対して広告やアピールをしても、
リピート顧客になってもらうのは難しいです。


都心部では特にその傾向が顕著ですが、
フリーペーパーの読者の多くがそのような読者になってきている傾向があります。


つまり、リピーターになってくれやすいお客さんに向けて
アピールすることが重要だということです。


もっと言い換えると、 リピーターになってくれやすいお客さんがよく使う媒体を使って
アピールすることが重要だと言えます。


なぜ、それほどにまで最初に来てもらうお客さんにこだわるのか?
それはリピーターになる率が圧倒的に変わってしまうからなんです。


既存顧客を繋ぎ止める費用と、新規開拓費用が10倍以上違うその理由とは?

 次へ進む (6.リピーターが必ず通る2つのフィルターとは?)

 お問い合せはこちらをクリック

 

 

  リピート顧客を増やす方法のメニューへ戻る   

 

Copyright 2010 株式会社ソウ All Rights Reserved.