京都エージェントトップ画像
株式会社ソウTOP > リピート顧客を増やす方法 > 3.サロン閉店を前提とした商売の現状
 ニュースレターテンプレート
サービス
お問い合わせ
リピート顧客を増やす方法
美容室向け顧客管理ソフト
制作事例
お客様の声
ちょっと息抜き
SEO対策に対する考え方
メルマガ登録
実況中継ブログ
無料テンプレート(雛型)集
サプライズコンシェルジュ
感動会議
会社概要
賢者の場所
 
 
 
 


従来型の印刷会社を使っている場合は、92%以上の確率で費用が安くなります!まずは値段を確認して下さい。
>> 印刷のことなら総合印刷通販のラクスル

    3.サロン閉店を前提とした商売の現状


業界全体も伸びていますが、
それをも上回るペースでサロン開業が増えています。


マンションサロンだと小資本でも開業できるため、
開業のハードルが低くなっています。


逆に、お客さんをしっかりと集客、そして既存顧客にできなかったサロンは、
開業の数と同じくらい廃業してしまっています。


そして、閉店を決めたオーナーは次の選択を迫られます。


1.サロンの営業譲渡


業績不振で閉める場合(ほとんどそうですが・・・。)
引受先を見つけることが困難です。


2.スケルトンにして不動産屋に返却


借りた状態にして不動産屋に返すという事ですが、
物件の修繕費用がかかり、また機械などの売却を個別に行う為手間もかかる。
結果、閉店時にさらにお金がかかってしまうというケース。


3.居抜き物件として譲渡


同じような業態のサロンの方に、機械や内装をそのままに譲渡します。
閉店側は修繕費用はかからず売却費用が入り、
入店側も機械を含め安い資金で事業をスタート可能。


閉店の多さから閉店を前提にした
居抜き物件仲介という仕事が流行しています。
それほどにまで、閉店が多いという現実を表している事例だと思います。


では、具体的にどの部分に課題あり、
何を改善していけばいいのでしょうか


奇麗な内装よりも、まずは顧客との関係性の強化が重要。どうすればいい?

 次へ進む (4.サロンの課題と理想像)

 お問い合せはこちらをクリック

 

  リピート顧客を増やす方法のメニューへ戻る   

 

Copyright 2010 株式会社ソウ All Rights Reserved.